三重県でWEB&DTPデザインを手掛けるデザイン事務所のブログ

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< メールに添付するファイル容量 | main | チラシ作成 矢田建築様 >>
大容量のファイルを送る方法
複数枚の写真や動画など、容量の大きなファイルをメール添付したらエラーで送れない!

そんな場合はメール添付より、他の方法で相手に送る手段が色々あります。

「ファイル転送サービス」や「クラウドサービス」っていう言葉、聞いた事ありませんか?。
実はこの「ファイル転送サービス」、「クラウドサービス」の利用で実現可能なんです。

では代表的なサービスを一部ご紹介しますね。
下記サービスは各々特徴がありますので、利用する場合は自分や相手に合ったサービスをチョイスして下さい。
 


【ファイル転送サービス】
ファイル転送サービスは大容量のファイルをWebサイトにアップロードし、相手にそのアップロードした場所(リンク先)をメール通知するサービスです。
相手にファイルを転送することに特化していて、多くのサービスが会員登録不要という手軽さがあります。
また、ファイルにパスワードかけられるセキュリティがあり、サービスによってはファイルの保存期限が設けられています。

宅ふぁいる便 
http://www.filesend.to/

昔から定番のシステム「宅ファイル便」。
サーバに自分用スペースを一時的に借りてインターネット経由で、そこにファイルを保存しておけるサービスです。
宅ファイル便は無料提供サービスで、最大同時に3人、10ファイルで、合計50MBものファイルを送ることができます。
プレミアム会員登録(無料)で300MBまで送ることができます。また、有料のビジネスプラス会員だと3GBまで送れますよ。


firestorage 
http://firestorage.jp/

こちらも宅ふぁいる便と似ているサービスです。
会員登録をする必要がなく、気楽にデータをインターネットに保存できます。
会員登録(無料)をするとメリットもあります。
2GBまでOKという優れものですね。

ファイル転送サービスはこのほかにも、
データ便
GigaFile便
などがあります。


【クラウドサービス】
サーバー上にデータを保存し、サーバー上で自由に閲覧・編集できるサービスです。
こちらは大容量の対応ができ、保存期限がないというメリットがありますが、設定を自分する必要があり、
一部のサービスでは相手も同じクラウドサービスのアカウントに登録していないと閲覧できないという欠点もあります。

Picasa 
http://picasa.google.co.jp/
Google が提供する画像管理・編集ソフト。
操作も簡単で加工アップロードが手軽にできます。
Google+を利用しているかたは友だちと簡単に共有もできますよ。

Dropbox 
http://www.dropbox.com/ja/
こちらも面倒な操作や設定をせずにファイル共有できるクラウドサービスです。
2GBまでは無料で利用できます。
また、友達の招待やDropbox提供のツアー(ミッション的な操作)をすることで、2GB以上の容量を無料で増やすこともできます。

クラウドサービスは他にもまだあります。
Googleドライブ
Onedrive
など。

近年、どれも欠かせないサービスです。
基本無料ですので、利用しない手はありませんよー。
是非一度利用してみて下さい!
COMMENT









Trackback URL
http://blog.office-hirotomo.com/trackback/1268555
TRACKBACK