三重県でWEB&DTPデザインを手掛けるデザイン事務所のブログ

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あいちトリエンナーレ2013-vol.2(長者町エリア) | main | あいちトリエンナーレ2013-vol.4(岡崎エリア) >>
あいちトリエンナーレ2013-vol.3(白川公園・納屋橋エリア)
 栄エリア・長者町エリアと来て、名古屋会場のラストは白川公園エリアと納屋橋エリアのレポートです。

白川公園エリア、まずは名古屋市美術館へ。
横山裕一 プリウス
通常、美術館入り口として利用されている部分のアプローチには横山裕一さんのラッピングプリウスが展示されています。(前回は草間彌生さんの水玉プリウスでしたね。)
でも入り口こっちじゃなーい!(苦笑)
建物の真裏がトリエンナーレ用の入り口になっているとのこと。
これから行かれるみなさんもご注意くださいね。
青木淳 名古屋市美術館
そしてこちらがそのトリエンナーレ2013用入り口。
建築家・青木淳さんが空間や動線の一時的リノベーションとして展開した作品。 
そもそもこの名古屋市美術館は黒川紀章さんの設計だったんですねー。知らなかった。


青木淳+杉戸洋青木淳+杉戸洋
中に入ると2Fは青木淳さんと杉戸洋さんのコラボ作品。
こちらも入り口同様に空間と動線の新しい解釈ということらしいです。
なんだかふわ〜っといい雰囲気です。癒されます。
カーテンの裾のところどころにスーパーボールが入ってます。なぜ?
(小さい写真はクリックで拡大します)


藤森照信「空飛ぶ泥舟」
藤森照信さんの「空飛ぶ泥舟」は、トリエンナーレ入り口のすぐ奥に設置されているので誰でも見ることはできますが、予約すれば中に入れるんです!
会場についたらすぐ予約しましょう。貴重な体験ができますよ。
藤森照信「空飛ぶ泥舟」藤森照信「空飛ぶ泥舟」

藤森照信「空飛ぶ泥舟」藤森照信「空飛ぶ泥舟」

藤森照信「空飛ぶ泥舟」
“宙に浮かぶ茶室”ということで、お湯が沸かせそうな暖炉が設置されています。
使った形跡アリ!(驚)
大の大人が6人入れますが、誰かが動くとけっこう揺れます。ちょっとコワいです。
でももっとコワいのが上り下りするハシゴ。
スタッフさんが支えてくれますが、入り口が狭いので入るときの最後の一歩と降りるときの最初の一歩が「どうすりゃいいのさ〜?」ってなります。(笑)
(小さい写真はクリックで拡大します)


写真撮り忘れましたが、名古屋市美術館から道路を渡って正面にある若宮大通公園多目的広場に漁船が置いてあります。
異様に目立つので場所はすぐわかると思いますが、そこも会場です。
ブラスト・セオリーさんの「私が残りの人生でやろうとしていること」は、目の前の漁船がそこへやってきた経緯の映像作品をタブレット端末を借りて見ます。
15分くらいかかりますが時間のある方はぜひご覧になったほうがいいと思いますよ。
胸に訴えるものがあります。


名古屋会場のラストは納屋橋エリアです。
劇団四季・新名古屋ミュージカル劇場のすぐ隣にある東洋倉庫テナントビルが会場です。
リチャード・ウィルソン「レーン61」
隣の駐車場にすでに飛び出している作品がっ!何も知らない通行人は驚くでしょうね。
リチャード・ウィルソンさんの「レーン61」です。
(小さい写真はクリックで拡大します)
リチャード・ウィルソン「レーン61」リチャード・ウィルソン「レーン61」
会場内から見てみると違和感アリアリですね〜、やっぱり。(笑)
数分おきにレーンが出たり入ったりしていますが、出口の枠にピンが当たりそうに見えてちょっとハラハラ?
もともとボーリング場だったというこの建物。そこかしこに名残があります。
…って前回は気づいてなかったけど。(苦笑)


池田剛介「サイクルクエイク」
2Fに展示されている池田剛介さんの「サイクルクエイク」
この作品ちょっと不思議です。中にある自転車の動力でドーム型の車輪全体がブィ〜ンという音を発しているのですが、ドームそのものは振動していません。
でも車輪に触れると音を振動として感じることができるのです。どうなってるんだろ?


青木野枝「ふりそそぐもの」
青木野枝さんの「ふりそそぐもの」は、鉄の彫刻です。
この丸っこい鉄板の親玉みたいなのが名古屋市美術館にも居ました。(笑)


クリスティナ・ノルマン「戦後」
クリスティナ・ノルマンさんの「戦後」シリーズは、エストニアの人種問題がテーマの彫刻と複数の映像で構成された作品。

他にも2Fには人種問題を扱った映像作品がいくつかありました。
最初はよく分からなくても観ているうちに何となく輪郭が見えてきて、帰宅後じっくり調べたくなるような印象深いテーマの作品が多かったです。


名和晃平「フォーム」
3Fには名和晃平さんの「フォーム」という作品。
広い会場で生まれたり消えたりしながら刻々と変化する巨大な泡のインスタレーション。
かすかに聞こえるブクブク音がなんとも心地よくて、ずっーとここに居たくなりました。
名和晃平「フォーム」名和晃平「フォーム」
白波みたいな泡やリング状になった泡などディティールの変化も楽しめます。
名古屋会場全体を通じて、一番最後に見たこの作品が一番好きかも?
(小さい写真はクリックで拡大します)


前回トリエンナーレ2010よりも作品数が減ったかな?という印象でしたが、まだ岡崎会場がありますね。
早く行きたいっ!オカザえもんにも会えるかな?(笑)
(岡崎レポへ→)






COMMENT









Trackback URL
http://blog.office-hirotomo.com/trackback/1268519
TRACKBACK